住宅ローン固定金利:令和6年7月

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
住宅ローン情報:フラット35固定金利・2024年7月 不動産
住宅ローン情報:フラット35固定金利・2024年7月

7月住宅ローン・フラット35固定金利

(記事掲載時点)
「フラット35」
2024年7月金利情報掲載

宅建士@アラフィフブログを
ご覧いただきありがとうございます

この記事を最後まで読むと
マイホーム購入に有効な
住宅ローン金利が判ります

マイホーム購入検討する時は重要になる
7月住宅ローン金利が気になる
『変動金利と固定金利を迷っている』
『金利相場全体が上昇傾向で心配』
『金利上昇で返済計画が不安になる』
住宅を買いたい貴方へ向けて書いています

じつ@
じつ@

こんばんは(^^)

アラフィフ宅建士

ブロガー@じつです

 

2024年(令和6年)も

下半期に入りました

 

myhome購入は

一生に一度の買い物

安全な金利条件を
選んでください

不動産ブログが少しでも役に立つと嬉しいです

宅建士ブログはマイホーム購入を応援します

☆必読☆
毎回書いていますが
住宅金融支援機構フラット系は
不動産投資には使えません


2024年7月金利情報は必ず
マイホーム購入にお使いください


宅建士ブログは不動産に特化した
情報をマイホーム購入
計画している皆さんに提供

最新7月:住宅ローン金利を
(記載時点)お伝えします

今月は金利は足元では長期融資も
短期融資も上がる結果となりました

現在の金利動向をみると
更に金利上昇の可能性も
視野にいれるべき

不動産売買の現場に関わる
住宅販売営業・仲介業者は
担当するお客様へ説明する為

毎月1日は売上に直結するので
気が気でない話題となります

私、宅建士@じつが直接
皆さんとお会いする事は
皆無ですが少しでも 

本業で頻繁に関わる知識
住宅ローンを一般向けの
固定金利フラット35情報を
月別で定期的に掲載します

ファミリーで家を買う時
マイホーム現金購入は
少なく大多数の方々が
住宅ローンが必要になります

アラフィフブロガーが
資金面安全性の視点を説明
(金利はブログ掲載時点) 

前月記事と比較検討して
(下部に記載しています)
住宅ローンを申し込む時

変動金利・固定金利どっちが良い
どれを選んだらいいのか
判らず悩んでいる時などに
参考にして貰えると幸いです 


住宅ローン:2024年7月固定金利

2024年7月:実際金利情報は
不動産で融資を受ける事が出来る
金融機関が各々で提供しています

掲載しており先月(6月)から
今後の金利動向から目が離せません
 
1年前(2023年)の年始以降は
金利が上昇しているので
先行きが不鮮明な動きが続いている
結果は現在も変わっていません

今月だけでなく金利動向も含め
私が安全面も考えて強く
お勧めするのは固定金利
(フラット35が代表的)

金利変動が読みにくい令和6年
今月は金利が上がりましたが
目先の金額だけで
安易に変動金利を選ばず

今後も金利が上がる事も
含めて長期返済では影響が少なく
住宅ローン返済計画が立てやすい
安全性優先で固定金利となります

取り扱い金融機関は抜粋
下記一覧を参考にしてください

今月だけではなく
毎月記載・説明しておりますが
確認:住宅ローン契約時ではなく
実行時の金利が採用されますので
月単位で試算が最重要となります

令和型はモダンな設備が人気
令和型はモダンな設備が人気

↑無料で相談にのってくれます↑

最新フラット35:金融機関取扱で差異あり

2024年7月:固定金利情報
(注:フラット35取扱金融機関で差異あり)

◎融資率9割以下
 借入期間21年~35年以下
 年1.840%~年3.450%
(最多金利:年1.840%)
取扱金融機関が提供する最多金利

 借入期間20年以下
 年1.450%~年3.060%
(最多金利:年1.450%)
取扱金融機関が提供する最多金利

◎融資率9割超
 借入期間が21年~35年以下
 金利幅:年1.950~年3.560%
(最多金利:年1.950%)
取扱金融機関が提供する最多金利

 借入期間が20年以下   
 金利幅:年1.560%~年3.170%
(最多金利:年1.560%)
取扱金融機関が提供する最多金利

新機構団体信用生命保険制度
2024年6月から変更はないです

【フラット35】住宅ローン金利に関し
新機構団体信用生命保険制度
加入費用を毎月支払いに含んだ時は
団体信用生命保険の種類で
下記の様に差異がでますので要確認

新機構団信(夫婦連生団信) 団信+0.18%
新3大疾病付機構団信    団信+0.24%
健康理由等で加入しない時  団信 ▲0.2%

7月:住宅ローン 取り扱い金融機関:フラット35

不動産住宅ローン固定金利
(令和6年7月現在)掲載時抜粋

長い期間の返済計画が立てやすく
金利変更が無い固定金利フラット35
申し込み可能な住宅ローン取扱い

金融機関を下記に掲載していますので
相談や問い合わせにお使いください

フラット35住宅ローン受付イメージ
フラット35住宅ローン受付イメージ
  • 南都銀行:住宅ローン審査部・0742-27-1533
  • 紀陽銀行:東岸和田住宅ローンセンター・072-428-0540
  • 但馬銀行:住宅ローン問合せ・0120-164-230
  • 鳥取銀行:鳥取ローンプラザ・0857-37-0226
  • 山陰合同銀行:出雲ローンセンター0853-22-6330

↑無料で相談する事をお勧めします↑

不動産投資に挑戦したい方におすすめ記事リンク

副業で人気上昇中の
不動産投資情報も別記事で掲載
マイホーム以外の投資家を目指すなら
コチラがおすすめです

投資家に追風・不動産取引の電子化記事イメージ
投資家に追風・不動産取引の電子化

↑画像クリックで別記事を見る事が出来ます↑

不動産住宅ローン金利が不安定な時は固定金利

住宅地風景イメージ
住宅地風景イメージ

2024年(令和6年)も初夏の季節に
入っても全国的に見て
金利方向性が不安定な時期です

目先では変動金利は安価でも
長い期間では返済計画が立てやすい
住宅ローンフラット35筆頭に固定金利
安心なので私は引き続きお勧めします

じつ@
じつ@

チェックポイント

 

不動産住宅営業は

金融機関で組める
(承認が出る金額)
 

住宅ローン可能な
上限ギリギリ価格で

買える物件を薦めてきます

 

営業に勧められた
物件を鵜呑みせず

無理なく返せる価格

 

現実的な『返せる計画』

立てる必要があります

絶対に見落とさないでほしい

住宅ローン金利 
重要なので何度も書きます

不動産購入時に、もう一つ
見落とす事が多いですが
住宅ローンは申込み時では
なく融資実行される時の
金利が適用されますので
(変動金利・固定金利)
必ず要チェックしてください

私(宅建士@じつ)は
強く・強く推奨します!

笑顔が溢れる家族が暮らす
マイホーム購入などの
参考にして貰えると幸いです

2024年6月金利記事を下記にリンク
今月と比較検討に使ってみてくださいね

今すぐ住宅ローンを下記クリックで比較して
自分にぴったりの返済計画を立ててください

宅建士じつ@アラフィフ不動産ブログ
最後まで読んで頂きありがとうございます
 
それでは次回また会いましょう!
「see you」


マイホーム購入前に本で勉強しましょう


☆住宅ローン・フラット35:令和6年6月固定金利情報(比較)


タイトルとURLをコピーしました