住宅ローン7月金利【フラット35】

住宅ローン金利・7月フラット35ファイナンシャルプランナー
住宅ローン金利・7月フラット35

下限・上限共に上昇の7月固定金利

じつ@
じつ@

こんにちは(^^)
アラフィフブロガー じつ@です

 

フラット35の情報を定期的に

掲載をしています

 

マイホーム購入をこれから

計画・検討する時には

大半の方が住宅ローンは必須に

なると思いますので

 

国家資格でもある

ファイナンシャルプランナーと

宅地建物取引士でもある私が

安全性を視点にして説明します

 

前記事と比較検討しながら

住宅ローンを申し込む時に

固定金利・変動金利なら
どれを選んだらいいのか

悩んでいる時などに

参考にして貰えると幸いです

 

住宅購入をこれから検討する中で重要になる
『最近の住宅ローン金利上昇が気になる』
『変動金利と固定金利で悩んでいる』
『金利全体が上昇相場で心配だ』
『金利が上がったら返済計画がずれる』
この記事はあなたに向けて書いています

2022年7月住宅ローン金利(金融機関で差異があります)

FPファイナンシャルプランナーへ無料相談

銀行など金融機関が提供している住宅ローン
2022年7月は近日では上昇率が高く
金利下限・金利上限共に上がりました

今月も同じく
国家資格・宅地建物取引士でもあり
ファイナンシャルプランナー技能士の
じつ@がお勧めするのは固定金利です
(フラット35が代表的です)

金利変動に影響が少なく
返済計画が立てやすいので
下記の一覧を参考にしてくださいね

いつも記載・説明していますが
注意点はローン契約時ではなく
実行時の金利が採用されますので
月単位で見る事が大事になります

令和4年7月:固定金利情報
(フラット35)

◎融資率9割以下
 借入期間21年~35年以下
 年1.510%~年2.770%
(最多金利:年1.510%)
取扱金融機関が提供する最も多い金利

 借入期間20年以下
 年1.380%~年2.640%
(最多金利:年1.380%)
取扱金融機関が提供する最も多い金利

◎融資率9割超
 借入期間が21年~35年以下
 金利幅:年1.770年3.030%
(最多金利:年1.770%)
取扱金融機関が提供する最も多い金利

 借入期間が20年以下   
 金利幅:年1.640%~年2.900%
(最多金利:年1.640%)
取扱金融機関が提供する最も多い金利

7月:新機構団体信用生命保険制度
2022年7月に変更はなかったですが

【フラット35】住宅ローン金利に関して
新機構団体信用生命保険制度の
加入費用を毎月支払いに含んだものです
団体信用生命保険の種類で下記の様に差異がでます

新機構団信(夫婦連生団信) 団信+0.18%
新3大疾病付機構団信    団信+0.24%
健康理由等で加入しない時  団信 ▲0.2%

住宅ローン受付オペレーターイメージ
住宅ローン受付オペレーターイメージ

住宅ローン取り扱い金融機関:フラット35

掲載時(2022年7月現在)抜粋で
金利が変わらない固定金利フラット35
住宅ローン取り扱い金融機関を抜粋掲載
問い合わせにお使いください

FPファイナンシャルプランナーへ無料相談
  • みずほ銀行:インフォメーションダイヤル・0120-324286
  • りそな銀行:コミュニケ-ションダイヤル ・0120-24-3989 
  • 三井住友銀行:東京住構センター    ・0120-325-023 
  • 楽天銀行 :住宅ローンセンター    ・0120-456-225 
  • 住信SBIネット銀行 カスタマーセンター・0120-433-151 
  • 北海道銀行:ローンプラザ大通      ・011-233-1121
  • 青森銀行 :営業統括部公庫センター   ・017-734-8521 
  • みちのく銀行営業開発部ローンセンター  ・017-774-1578 
  • 秋田銀行 :本店ローンプラザ保険プラザ・0120-804-874 
  • 北都銀行 :泉ローンステーション    ・018-883-0112 
  • 荘内銀行 :コンタクトセンター     ・0120-601-874 
  • 山形銀行 :営業企画部         ・0120-170-585 
  • 岩手銀行 :本店営業部        ・019-623-1111 
  • 東北銀行 :営業支援部ローン集中   ・ 019-651-5916 
  • 七十七銀行:本店ローンセンター    ・022-211-9752 
  • 東邦銀行業務支援部 融資業務集中センター・024-541-2123 
  • 群馬銀行ライフサポート部 個人融資センター・027-265-6811
  • 足利銀行 :ローン事業部       ・028-626-0617
  • 筑波銀行 :融資部          ・029-859-8111 
  • 武蔵野銀行:事務集中部機構業務センター・048-644-8518 
  • 千葉銀行業務集中部 融資事務 機構担当  ・043-209-1157 
  • きらぼし銀行:営業企画部 ローン管理室  ・042-755-6147 
  • 横浜銀行ダイレクト住宅ローンセンター  ・0120-54-4580 
  • 第四北越銀行:ローン事務サポート部  ・ 025-241-4457 
  • 山梨中央銀行:ローン営業推進企画部  ・ 055-233-2111 
  • 八十二銀行:八十二のハローはちに   ・0120-82-8682 
  • 北陸銀行 :融資部 融資第3グループ  ・076-423-7111 
  • 富山銀行 :住宅ローン審査部      ・0766-21-3535 
  • 清水銀行 :清水住宅ローンセンター  ・054-351-2220 
  • 大垣共立銀行:住宅ローン119番   ・0120-8888-23 
  • 三十三銀行:住宅ローン営業企画部  ・059-354-7126 
  • 百五銀行 :津パーソナルプラザ    ・059-223-7105 
  • 滋賀銀行 :住宅ローン審査部    ・ 077-521-2330
  • 京都銀行 :営業本部 営業統轄室   ・075-361-2284 
  • 関西みらい銀行ローン業務部 グループ ・06-6563-7182 
  • 紀陽銀行 :融資部 ローン企画審査  ・073-426-7140 
  • 丹波銀行 :住宅ローン融資審査部  ・0796-26-3100 

金利が不安定時期は固定金利がお勧め

日本国内も世界的に見ても
現在は金利方向性が不安定です
こんな時には返済計画が立てやすい
フラット35などの固定金利
精神的にもおススメです

じつ@
じつ@

不動産会社の営業さんは

多くが金融機関で組める住宅ローン
上限ギリギリの物件価格を

薦めてきますので返済計画を

よく考える必要があります

 

次にチェックして欲しいのが

住宅ローン申込み時の金利です

(変動金利・固定金利)

 

一見すると変動金利がお得に

見えますが私(じつ@)は

金利が安定しない昨今では

返済計画が金利変動に影響しない

固定金利をお勧めします

 

マイホーム購入のなどの
参考にして貰えると幸いです

先月分の金利記事を下記にリンクします
見比べてて比較検討に見てみてくださいね

ブログを最後まで読んでくれて
ありがとう♪ それでは次回また!


☆住宅ローン・フラット35:6月の金利情報

【フラット35】6月資金受取分借入金利(2022年)
【フラット35】6月資金受取分借入金利(2022年)
タイトルとURLをコピーしました